WEBサイト制作

ホームページが必要な最大の理由は、相手は必ず見るということ。

相手とは取引先やお客さんです。特にBtoB(企業間取引)なら絶対です。取引を検討している企業名でかならず検索します。このとき自社のホームページがなければ、スタートダッシュでつまずくということです。また、市場にはライバルも存在します。彼らがホームページを持っていれば、戦わずして負ける可能性すらでてきます。つまり、商品やサービスの質、企業の能力とはまったく関係がない、「ホームページの有無」で勝負が決まるということです。

− ビジネスにしっかり貢献した理想のWebサイトを構築 −​

目的に最適なデザインをご提案

WEBデザインには流行があり、これより益々多様化していきます。

私たちはそんな中でも「ちょっとの驚きと、ちょっとの面白さ」を大切に、人の温もりを伝えることができるデザインを心掛けます。

 

スマホ対応WEBデザイン

スマートフォンやタブレットなどのマルチデバイスでの表示に最適化したサイトを構築いたします。レスポンシブデザインから専用サイトの構築までワンストップで対応致します。

SEO対策

競合サイトと比較し、キーワードを調査した上で、サイトのコンテンツが検索エンジンに適切にヒットするように、コンテンツの企画や技術要件の最適化を実施いたします。

 

Webマーケティング

新規でのWebサイト制作時における企画や戦略立案を多面的な視点からご提案致します。また既存サイトのリニューアル時にはボトルネックを洗い出した上で、改善策のご提案をいたします。

内部SEO

SEOとは(Search Engine Optimization)の事で、検索エンジン最適化つまりGoogleやYahooなどの検索エンジンで、ユーザーが特定の検索ワードで検索した際に、自身のWebサイトを上位に表示させるように施策を行うことを指します。検索エンジンはキーワードを入れて検索された時に、インデックスされているサイトを判断し、順位を決めて表示しなければなりません。検索エンジンを運営しているGoogleやYahooなどは、検索キーワードに関連性があり、かつ“良いサイト”を表示したいと考えるのは当然であり、その判断基準として外部要因と内部要因とがあります。検索エンジンはそれぞれの要因を総合的に判断して検索順位を決定しているのです。

外部要因とは、外部から評価されているサイトは“良いサイト”と判断する基準であり、外部のサイトからの被リンクを多く集めたサイトがそれにあたります。内部要因はサイトの内部コンテンツが充実しているサイトは“良いサイト”と判断する基準であり、検索エンジンはクローラーというプログラムがサイトを巡回して評価しているため、HTMLコードを記述する際は検索エンジンが認識しやすいようにする(W3Cに準拠して記述する)ことは必要不可欠です。また、質の高いコンテンツにする為に、記事の作成のご支援などもさせていただいており、SEO効果の高いサイト作りを心がけております。

制作の流れ

1.ヒアリング

ホームページの方向性やお客様の要望を整理します。

大まかなサイト構成(サイトマップ)などもお打ち合わせ致します。

お客様のイメージややりたいことをお教えください。

2.お見積もり

お打ち合わせの内容を検討し方向性、構成などから制作にかかるお見積もりをご提案致します。

3.ご入金

ご入金をお願い致します。

4.制作用素材準備

ホームページをデザインするのに必要な情報や画像データなど、サイトというパズルを作るのに必要なピースを準備します。

企画内容によっては写真撮影などを行います。

お手持ちの写真や画像データ、説明資料などをご用意いただきます。

 

5.ラフデザイン案の提出

トップページラフデザイン案を提出し、その後トップページのデザインをベースにした第二階層デザイン案を作成し、提出致します。

6.制作(コーディング)着手

デザインしたデータをホームページ用に制作します。

7.サーバーに仮アップ

テスト用サーバーで閲覧可能に致します。実際のホームページをご覧いただきながら、校正及び修正を行います。

8.検収・検品

リンクチェック・ブラウザチェック・動作確認を行い制作完了です。

9.納品

サーバにアップロードし納品完了です。

制作実績

株式会社アイコー様

香椎組様

Salon du 苑様

テクノタカギ株式会社様

有限会社アイピーディ様

セント・ステアーズ自習室様

愛知製作所様 愛ソーダのページ

「売れるバラ苗屋」有限会社水谷農園様

ユーライフ様